「文化庁文化交流使フォーラム2017〜日本の心を世界に伝える〜」
(第15回文化庁文化交流使活動報告会)開催報告

「文化庁文化交流使フォーラム2017〜日本の心を世界に伝える〜」(第15回文化庁文化交流使活動報告会)開催報告

文化庁は、11月20日(月)、国連大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)で「文化交流使フォーラム2017」を開催しました。

文化交流使とは、「日本の心を世界に伝える」をテーマに、トップレベルの芸術家や文化人の方々が、世界各国で様々な活動をすることを通じて、日本文化を海外に伝える事業です。

フォーラムでは、山田うん氏(振付家、ダンサー)のダンス、藤間蘭黄氏(日本舞踏家)による日本舞踊のパフォーマンスが披露され、榎木孝明氏(俳優)の司会・進行のもと、平成28年度に活動を行った交流使による活動報告が行われました。会の最後には、モデレーターを務めた榎木氏と6名の文化交流使に、宮田亮平長官を交えたトークセッションが行われ、フォーラム終了後には、文化交流使と懇親する機会を設け、大使館の方々や歴代の文化交流使など多くの方に御参加いただきました。

山田うん氏オープニングアクト

トークセッション

平成28年度文化交流使の皆様

なお、平成28年度の文化交流使は以下のとおりです。(出演順、敬称略)

 

・山田うん(振付家、ダンサー)
活動期間:平成29年3月~9月
活動国:イスラエル、ジョージア、エストニア、アルジェリア、イギリス、ベルギー、スペイン、スリランカ、マレーシア、オーストラリア、アメリカ
各国での舞台公演、共同制作、現地メディア出演など様々な活動の様子を紹介しました。

・佐野文彦(建築家、美術家)
活動期間:平成28年8月~平成29年5月
活動国:イタリア、デンマーク、ベルギー、フランス、オランダ、アイスランド、ドイツ、韓国、マレーシア、フィリピン、中国、インド、エチオピア、メキシコ、アメリカ、インドネシア
茶会を実施するプロジェクトのための、現地建築家や学生との取組を紹介しました。

・土佐尚子(アーティスト、京都大学教授)
活動期間:平成28年10月~平成29年4月
活動国:イギリス、韓国、フランス、アメリカ、シンガポール、タイ、フィリピン、ニュージーランド
近作「Sound of Ikebana」等の出展や、これに係る講演活動について紹介しました。

・藤間蘭黄(日本舞踏家)
活動期間:平成29年3月~7月
活動国:アメリカ、チェコ、ウクライナ、ポーランド、ハンガリー、スロベニア、フランス、ロシア、ドイツ、イタリア
現地アーティストとの活動風景、世界初演を果たした共同制作の舞台など紹介しました。

・佐藤可士和(クリエイティブディレクター)
活動期間:平成29年3月~4月
活動国:アメリカ、イギリス、フランス
ブランディング手法における講演、現地で行った展示会の様子を紹介しました。

・柳家さん喬(落語家)
活動期間:平成29年2月~3月
活動国:アメリカ、カナダ
落語のいろはのレクチャー、字幕を最小限にした公演の様子を紹介しました。

なお、当日の様子は、文部科学省YouTubeチャンネルで配信しております。

資料1:報告書(PDF)

資料2:文化庁YouTubeチャンネル